昨年の今日

f:id:yucapi:20171109230518j:image

修行の為、京都におりました。

10日間 携帯はおろか、メディア、筆記用具など

身支度に必要なもの以外の一切を預け、

 

会話はもちろん、人と視線を交わす事、ボティランゲージも含めて全てのコミュニケーションが許されない環境の中、1日10時間半ひたすら瞑想に励む日々…

 

トイレ休憩時間に、フロアをクイックルワイパーでさっとお掃除してくれる人がいたんですが、

「掃除はおやめください」とドアに貼り紙されたり 笑 

ちなみに、休憩時間のストレッチやヨガも禁止な為、昼休みにそれっぽい事してたら、

「体操はおやめください」とやっぱり貼り紙されます 笑

 

本当に、瞑想に専念できる環境でした。

 

 

懐かしい、、

もう1年経ったの?そんな感じです。

 

とても貴重な経験をさせていただきましたが、

色々、気がついた事があります。

 

遠くに行かなくても、修行のチャンスは日々の中に沢山あるという事。

 

青という色がなんで青なのか?

赤や緑を知っているからわかるわけで

 

本当は気がつけばすぐそこにあるのに、

無知であるために気がつけないのだ。

とか。

 

「チルチルミチルの青い鳥」の様に、

探しものはすぐそこにあるのだ、

と、いう事とか、、、

 

私の場合は、

やはり 自分の師は、かの師である。

と言う再認識をする為に出かけた様なものです。

 

 

f:id:yucapi:20171109231703j:image

これ 裏手なのですが、マンガ日本昔話の世界です 笑

お水も全て山の水ですしね。

しかも、携帯返してもらっても そもそも電源入らないし 笑。

 

 

みなさんの青い鳥はどこですか?

 

 

(`・ω・´)きっと、すぐそこに、。

 

お読みいただきありがとうございます。